【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite
【新商品】 TourBox Elite

左手デバイス

【新商品】 TourBox Elite

36,580(税込)

365ポイント

販売開始:2022年08月25日00:00

数量

色を選択

売り切れ
カートに入れる
システム商品コード
000000007536
独自商品コード
OJTC-0000002
製造元
tourbox
出荷目安
2週間
メーカーURL
https://www.tourboxtech.com/jp/TourBoxElite-product.html

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません

TourBox Eliteの特徴

TourBox Eliteは初じめてのブルートゥース対応編集コントローラーです。業界では前例がないため、技術チームはゼロから製品の構造や設定などに研究を重ねて、TourBox Eliteを開発しました。デュアルチャンネル対応のブルートゥースコントローラーとして、マルチデバイス接続、振動フィードバック、無遅延操作、カスタム対応UI、マクロなどの実用的な機能も搭載されています。片手での操作はより滑らかになり、生産性と使用感を高めることができます。Photoshop、Lightroom、Clip Studio Paint、Premiere Pro、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Capture One、Camera Raw、Filmora、Vegas、Coral、Z-brushなどのクリエイティブソフトウェアはもちろん、他にもたくさんのプログラムに対応できます。

  • トリミング、タイムラインの高速移動、クリップ選択、フレームコントロールは簡単かつ効率的になります。
  • 内蔵の加速度アルゴリズムにより、タイムラインは好きな速度で移動可能。ゆっくり動くか素早く動くかを選択できます。
  • 日常の編集作業、例えばカット、エフェクト追加、トリミング、画面クリップ、タイムラインにオーディオトラックを入れるなどを全部直感的完成できます。
  • 画質や露光度、カラーなどの調整は動画編集にとって重要な操作です。TourBox Eliteに通じて、ユーザーはこれらのオプションやパラメーターの移動をノブ、ダイヤル、スクロールの回転操作で便利に行えます。

1. 業界初、革新的のデュアルチャンネルブルートゥース接続

初のデジタルクリエイター向けブルートゥースコントローラーとして、我々はこの前例のない最先端の製品で業界でのリードを保ちたい。Bluetooth LE 5.1技術の採用により、すべらかな接続が可能になり、高レベルの安定性も備えます。
TourBox Eliteはデュアルチャンネル対応のブルートゥースコントローラーですので、複数のデバイスに対応でき、異なるデバイスとプログラムの間での切り替えもスムーズに完成できます。複数のプログラムやプロジェクトを同時に進行しても全く問題ありません。

2. 触覚フィードバックにより更なる高度な使用感

TourBox Eliteには振動バンプが搭載されています。
スクロール、ノブ、ダイヤルで回転操作をする時、振動によって高度な使用感を得ることができます。振動の強度は実際使用する時の必要によって調節することができます。
TourBoxコンソール内で振動の強度を設定できます:高(VIB2)もしくは中(VIB1)。強度は作業中の需要によって、TourBoxコンソール中のアイコンから変更できます。

もちろん、もし振動フィードバックが必要ないと考えるなら、設定からこの機能をオフにしても問題ありません。ユーザーの需要によって選択できます。

3. 複数の回転速度モード、自由に調節可能

普段マウスでのスクロール操作は設定から一度にスクロールする行数を変更できます。これによって回転操作の速度を調整し、自分に一番使いやすい数値に設定できます。
そしてTourBoxでの回転速度も三つのモードがあります: 標準、スロウ1、スロウ2
例えば速度モードをスロウ1からスロウ2に変更した場合、回転操作の変化量は下がり、微調整や精密な操作に向いています。変化量が下がると、振動の強度も弱くなります。三つの速度モードの中にスロウ2の回転変化量は一番低い。

4. TourMenu、可能性がさらに広がる

TourMenuはTourBox技術チームが新たに開発したメニューツールです。このTourBox Eliteの拡張機能に通じて、ユーザーはコピー、ペースト、ファイルを開くなどの操作を自由に登録でき、便利にTourMenuを呼び出し、操作を行えます。

登録されたコマンドはいつでもメニューを呼び出し、画面上で確認できます。コマンドはノブやスクロールで素早く選択でき、そしてソフトごとに異なるTourMenuを作成することも可能です。

5. マクロ機能、複雑な操作でも便利かつ簡単に実行できます

マクロの設定はとても簡単に完成できます。紛らわしいコードなどは全部なし、ユーザーは実行したい操作をのまま設定、追加して、数クリックだけでTourBox Eliteのマクロを設定できます。

一つのマクロに複数のグループを追加することが可能です。操作の設定はキーボードショートカット、マウスの動き、遅延、テキスト、ファイルやフォルダを開くなどが対応できます。マクロの実行順序、実行は一回のみもしくは繰り返し実行するなどもユーザーの必要によって自由に設定できます。

Q&A ―TourBoxElite―

◆TourBoxEliteと一般的なマウス、キーボードとの違いは?
a. TourBox Eliteは様々なショートカットを直感的に操作できるほか、内蔵のビルトイン機能により、一部マウスとキー
ボードではできない操作も実現可能です。

◆TourBoxEliteは、どんなソフトで使用できますか?
a. 基本的に、TourBoxシリーズはほぼ全てのクリエイティブソフトに対応できます。そのソフトにキーボードショート
カットがあれば、TourBoxを使用することは可能です。
b. お使いのクリエイティブソフトとTourBoxの互換性について、より具体的に確認したい場合はサポートメール、また
は公式SNSよりご連絡ください。

◆EliteとNEOの違いは?
a. デュアルBluetooth 5.1を搭載 - TourBox Eliteは同時に二つのPCとペアリングでき、使用PCの切り替えも簡単にでき
ます。USBケーブルでの有線接続も対応ですので、ユーザーは好きな接続方式を選べます。
b. 触覚フィードバック - 最先端のワイドバンドモーターを内蔵し、回転操作をする際の振動をシミュレートします。振
動の強度は設定でき、振動フィードバックをオフすることもできます。そのほか、回転操作の変化量もカスタマイズ可能
です。
c. 各部品を刷新 - 使用シーンによって、TourBoxのボタンは4つの異なるエンコーダを採用し、より快適な打伴感を提
供し、使用時の疲労を軽減できます。ボタンの使用寿命も大幅に向上しました。
d. TourBox Eliteの表面には最先端のUV抗菌・耐指紋加工を施しています。
e. より豊富なカラー - 従来の黒色バージョン以外、TourBox Eliteは白と半透明のバージョンも追加しました。

◆TourBoxEliteの対応OSは?
a. macOS 10.11以降(M1チップ対応)。
b. Windows 10以降、なおWindows7、8、8.1は有線対応のみ。

◆左利きでもTourBoxは使えますか?
a. 現在TourBoxのボタン配置は主に左手用に設計されていますが、全てのボタンの機能は自由にカスタマイズできるた
め、右手で使用するのも便利です。

◆どれくらいのショートカットを登録できますか?
a. TourBox Console内では一つのプリセットに53種の操作を登録できます(組み合わせ操作含め)。TourMenu機能
と合わせて使用すれば、設定可能のショートカット数は300種以上になります。

◆TourBoxEliteとパソコンの接続方式は?
a. USBケーブルによる有線接続とBluetooth接続に対応します。

◆TourBoxEliteの充電方法は?
a. TourBox Eliteは乾電池を使用しますので、充電する必要はございません。付属品の中に単三電池2本がありますので、
入手したらすぐにご使用できます。

◆マウスの操作も登録できますか?
a. はい。マウスの左クリック、中クリック、右クリック、ダブルクリック、スクロール、さらにShiftやAltなどキーと
の組み合わせも登録できます。マクロ機能を利用すれば、カーソル座標、ドラッグ、複数回のクリックなどの操作も設定
できます。

◆デジタルクリエイティブの初心者にとって、TourBoxEliteを使うのは難しくありませんか?
a. そんなことはありません。むしろ従来の創作方式と比べて、TourBox Eliteはより慣れやすいともいえます。プロのク
リエイターにとっても、TourBox Eliteの高度なカスタマイズ性能と豊富なビルトイン機能は作業の効率を大幅に向上で
きます。

◆マクロ機能の使い道は何ですか?
a. マクロ機能を使えば、一連の操作を一つのボタンで完成できます。キーボードショートカット、マウス操作、ディレ
イ、テキスト入力、ファイル・フォルダ・URLを開くなどは全部マクロに組み込めます。